カロリー

犬&猫、餌はどう違う?

犬と猫、場合によっては両方を飼育しているご家庭もあるでしょう。
案外仲良く暮らしている光景もみかけるこの2つの動物ですが、犬と猫のあいだでは餌はどのように異なるのでしょうか。
一般的に市販されているフードは、犬にはドッグフード、猫にはキャットフードが販売されています。

このドッグフードなど2種の間では大きく分けて2つのエサの違いがあります。
まず1つ目は、栄養素についてです。
犬に必要なものと猫に必要なものでは栄養素がまず根本的に異なります。

猫は肉食系です。
ライオンたちの仲間であると考えると容易に想像できるでしょう。
猫の健やかな生活の維持には、タウリンを中心とした成分が大切です。

タウリンが足りなくなると猫は視力が低下してしまったり、成長に障害を及ぼす可能性があります。
ですからタウリンが含まれた食生活を確保する必要があります。
一方の犬は体内でタウリンを生成できますので、必要以上に摂取する必要はありません。

2つ目は、肉食動物の猫は炭水化物の消化が苦手です。
穀物類などは未消化になり、おう吐や下痢を招きます。
一方の犬は雑食で穀物系のドッグフードも好んで食べることが出来ます
このように2種の間には大きく異なる餌の違いがあります。
分けて考えてあげましょう。

このページの先頭へ