カロリー

年齢別のドッグフードを学ぼう

大切な愛犬を育てているご家庭は、日々犬の可愛らしさや賢さに癒しを感じているのではないでしょうか。
そんな大切な犬だからこそ、健康を願うのは当然です。
そこで日々ドッグフード選びに悩んでいる人もいます。

様々な種類のドッグフードが販売されていますし、輸入品まで含めると相当な種類になるので、どんなものが我が愛犬にピッタリなのか迷ってしまうでしょう。
また、犬のおおきさも小型犬から大型犬まで千差万別です。
さらに、犬の年齢によっても食べる量にも差があります
あるデータを参考にすると、一般的な犬の平均寿命は短い場合7年から15年程度と言われており、犬種によっても差があります。
毎日の食事はもちろん寿命に直結していきますので、慎重に選ぶテクニックが必要です。
そこで、犬の年齢に合わせてドッグフードを変える方法があります。

わかりやすくパッケージに表示されており、幼犬用、成犬用やシニア犬用という年齢順によって分類されているものがあります。
加齢が進むにつれ、必要になる成分も異なりますし、食事量も減っていくので老化が進んだ犬には、低量でもカロリーが取れるよう工夫されています。
どんなものを選ぶべき迷ったら、愛犬の年齢に合わせたドッグフード選びをしましょう。

このページの先頭へ