カロリー

消化器を守るドッグフード

犬の消化器系のトラブルは、割合よく聞くトラブルです。
軟便が続いたり、便に血が混じっている等、消化器が原因と思われるトラブルにあったら、普段食べているドッグフードを与えてよいのでしょうか。
もしも一時期の兆候ではなく、一定期間ずっと続いているのであれば、犬の消化器のケアが出来るドッグフードに切り替えてあげましょう。

消化器ケアようのフードが販売されています。
では、どのような特徴があるフードなのでしょうか。
お腹に問題を抱える愛犬には、オリゴ糖など消化器系の器官に、優しい成分が配合されているものがおススメです。

また、子犬などまだ消化器が未熟な段階であれば、子犬専用のフードに切り替えても良いでしょう。
専用の物は消化もしやすく、消化器官への負担も少なく済みます。
消化器系のみならず、体調が優れないようでしたらもちろん動物病院へ受診しましょう。
万年胃が弱いなどの持病がある場合は、無添加のドッグフードを愛用するなど、愛犬をサポートしましょう。
添加物が入っているものは消化もしにくく、身体に負担になっている可能性があります。
日々の食生活のちょっとした改善が、愛犬が笑顔でいられるコツなのです。

このページの先頭へ