カロリー

食べ残しが気になる時の対処法を学ぼう

たいていの犬に一度は悩まされることがあります。
それは、ドッグフードの食べ残しです。
せっかくきちんと毎回食べる量を量って用意までしているのに、なぜだか食べ残しをしてしまうことがあります。

このとき、様子をみて体調が悪そうであれば、すみやかに動物病院へいくべきでしょう。
しかし元気なのになぜかフードの食べ残しをする子もいるのです。
ドッグフードを残すからお腹が空くだろうと、この後におやつを増やしていませんか。

もしそうであれば、犬は賢い動物なので学習しています。
おやつを与えてくれると学習し、フードを残すように学んでしまうのです。
これは躾の問題です。

また、よくあるのは新しいドッグフードに変えた時です。
さらに、小型犬に対して大型犬の物をあげると、咀嚼が出来ずのどや胃に負担になるので残すこともあります。
このようにもし食べ残しが目立つようであれば以上のような確認をし、問題がなければ長くても30分程度で一度きちんとお皿を下げましょう。

残すと片づけられる、という動作もくりかえすことで学習します。
何度も躾をしていくうちに、ドッグフードも残さないようになるので、繰り返し教えましょう。
可愛い愛犬が残さずにフードを食べてくれると、こちらまで幸せな気分になれます。

このページの先頭へ