カロリー

炭水化物の摂取しすぎには注意

犬も動物ですから、健康の維持は大切です。
近年栄養価の高いドッグフードが広く販売されるようになったため、犬にも肥満が増加しつつあります。
肥満が進行してしまうと、寿命にも影響しますので、なるべき肥満にならない食生活を構築してあげる必要があります。

では、なぜ犬の肥満は起きてしまうのでしょうか。
それはよくあることなのですが、「炭水化物の摂取し過ぎ」です。
犬の一日あたりに必要な食事量をこえて、おやつを過剰に上げてしまったり、穀物系のドッグフードをあげ過ぎると、あっという間にスリムなワンちゃんも太ってしまいます。

また、犬は穀物系のドッグフードを好む傾向にあるので、欲しがるままに上げ過ぎている人も多いのです。
犬の必要な食事量や、一日当たりのカロリーはかかりつけの動物病院やペット専門店で相談するのも方法です。
小型犬時代から過剰に餌付けしてしまうと、大人になってからも躾が出来ていない犬になる可能性もあり、肥満だけの問題ではなくなってしまいます。
犬の肥満を含めた健康管理は、飼い主の大切なお仕事なのです。
健康で運動の大好きな犬に育てていくには、日々の食生活のケアを怠らないようにしましょう。


このページの先頭へ